食育とは

食育とは

食育は生きる上でとても大事なものです。食の知識をつけ、食を選ぶ力をつけるには食育がかかせません。大人にも大事なことですが、子供の食育は最も重要です。健康な心や体を育てられるよう、日々の食事から食への興味・マナー・知識など教えましょう。

食育で養うもの

食への興味

最近は食へ興味のない子供たちが増えています。簡易的な食事でご飯をすませたり、食事をとらなかったり。体は食べ物からできているので、食に興味がないと健康な体を保てません。子供の頃から食を楽しむことで、食への興味を養います。

感謝のこころ

食事はいのちをいただくことです。料理は必ず誰かが作ってくれています。農家の見学に行ったり料理をしたりと、体験することで考えるキッカケとなります。子供たちの感謝のこころが生まれ、心を豊かにします。そして敬意をもっていただこうと思うキッカケにもなり、食事マナーも気を付けるようになります。

バランスの良い食事を選択する力

健康な体をつくるには栄養のある食事がかかせません。子供たちが自分で食を選択する年齢になるまでに、偏った食事をしてはいけないことを教える必要があります。家庭の中でたくさんの食材に触れ、バランスよく食べることの大切さを伝えることが大切です。

その他にも楽しい家庭でのご飯時間が子供たちの心を育てたり、素材本来の味に触れることで味覚を養うことも食育です。

参考:「食事バランスガイド」について:農林水産省 (maff.go.jp)

農林水産省

食育は人生に幅広く・末永く影響していきます

育ち盛りの子供たちに是非食育を