子供の好き嫌いは料理でなくせる?!魔法のテクニック

子供の好き嫌い問題。悩ましいですよね〜。「食べなさい!」と無理矢理食べさせようとしてももっと頑なになって食べなかったり・・・。

でもちゃんと栄養をとって健康に育って欲しい!そんな親御さんには、子供と嫌いな食材を使った料理を一緒に作るのをオススメします❤️

子供の好き嫌いがなくなる方法

嫌いな食材を使ったら子供が嫌がりそう・・・。と思いますよね。その通り、嫌がります。笑 

でもそこでひるんではなりません!動ぜず「食べなくていいから手伝って〜」と言いましょう。しぶってもスルー笑

そこからはほめて気持ちをのせて、簡単な料理(切ってチンして混ぜるだけなど)をほとんど1人で作ってもらいましょう。「これできる?難しいかなぁ」と挑発すると、できるから見てて!と大抵やってくれます。

大事なのは自分の作品を作ってもらうことです。

出来上がったら、ほめてほめてほめまくって⭐️「えー!すごーい!上手〜」など✨子供がえっへん顔したら成功も同然です。

嫌いな食べ物を美味しいと言いたくなる魔法

自分で作った料理、美味しいって言ってもらいたいですよね?子供も一緒で、作ったものを美味しいと言われるのを待っています。

はい、この時点でもう子供はまずいと言えない魔法にかかってます笑

親御さんはできた料理を食べたらほめちぎってください。そこで一言

「上手にできてるからちょっと食べてみて」ほんとにちょこっとだけでも、口に入れたら「美味しいかも」と言ってくれるはず。だってまずいとは言えない魔法にかかってますから😁

子供は褒められる、認められることが大好きです。作りながらたくさんほめられると、だんだんテンションが変わっていきます。そして作った料理を認めてもらいたい欲求から、まずいとは言えなくなるのです。

子供の好き嫌いがなくなる理由

嫌いな食材は、嫌いになるきっかけとなった思い出があります。思ってた味と違ってガッカリした、など。

だから楽しい料理体験でその思い出を越えるのです。この食材を見た時真っ先に楽しい思い出が浮かぶように。

人は純粋に味だけで好き嫌いを決めているわけではなく、思い出もセットで決めています。そこが塗り替えられると、印象が変わるのです。

子供の成長にとって大切な好き嫌い問題。料理で楽しい思い出を作って解決しましょう😊

子供1人で作れるオススメメニュー

嫌いな野菜上位にくるピーマンを使った、子供1人でできるレシピを考えました。親御さんが作り方を誘導してあげながら、挑戦してみてください💕

アバター投稿者kidscookinginfo.
難易度初心者向け

自分で作ると美味しく感じるので、子供1人で作れるピーマンメニューを考えました。親御さんは作り方を教えて見守ってあげてください⭐︎野菜を変えればアレンジ無限大です!

TweetSaveShare

2 人分
所要時間15 分

 4 ピーマン
 10 g 砂糖
 10 g しょうゆ

1

ピーマンを手で一口大にちぎる。

2

【火を使って大丈夫な場合】油をひいたフライパンにちぎったピーマンを炒める。少ししなっとなるまで火が通ったら、調味料を加えて汁気がなくなるまで加熱したら完成。

3

【火を使わない場合】耐熱容器にちぎったピーマンと調味料を加えて500wレンジ1分半加熱する。一度出して混ぜたらさらに500w1分半。最後にしっかり混ぜて完成。

カテゴリー

材料

 4 ピーマン
 10 g 砂糖
 10 g しょうゆ

手順

1

ピーマンを手で一口大にちぎる。

2

【火を使って大丈夫な場合】油をひいたフライパンにちぎったピーマンを炒める。少ししなっとなるまで火が通ったら、調味料を加えて汁気がなくなるまで加熱したら完成。

3

【火を使わない場合】耐熱容器にちぎったピーマンと調味料を加えて500wレンジ1分半加熱する。一度出して混ぜたらさらに500w1分半。最後にしっかり混ぜて完成。

ピーマン嫌い克服!子供1人で作るピーマンきんぴら